理想の逗子ライフは「土地探し」から! 注文住宅なび@逗子 » 逗子に移住するなら知っておきたい! 逗子の暮らしやすさガイド » 【海が近い逗子】津波の危険性は?

【海が近い逗子】津波の危険性は?

逗子に住みたい人が知っておくべき自然災害

海や山がすぐそばにあり、自然と共に暮らすことができる「逗子」。その豊かさやのんびりした暮らしとは裏腹に、津波や土砂災害などにも注意しなければいけません。

住みたい街「逗子」では、どんな自然災害の可能性が考えられるのか?自然災害から身を守るために、知っておくべきこと、家を建てるための土地選びの重要性を紹介します。

津波の心配

日本では、さまざまな場所で地震による災害がおこっています。 海のある逗子では、大地震による津波の心配があり、津波浸水予想図などからある程度被害を想定することはできます。 特に近年では南海トラフ地震の発生が予想されるなど、海の近くに住むことに不安を覚える人もいるかもしれません。

逗子に限ったことではありませんが、地震や津波の被害を想定するハザードマップを確認し、住む場所の特性を知っておくことは重要です。 また、津波が来た際に避難する場所などは必ず確認しておきましょう。

洪水の心配

逗子付近を流れる代表的な川に「田越川」などがあります。この田越川による洪水の被害範囲は、神奈川県の「田越川水系田越川浸水想定区域図」で確認することができます。 そのほかにも降雨や高潮、内水によるはん濫などが洪水の原因となります。

また、みず道とよばれる、山からの絞り水が敷地内にあふれてくるような土地もあります。敷地内は湿っており、建物を傷めます。また、高温多湿を好むシロアリの巣窟になる事が多いことからも、みず道にあたる土地には家を建てるには不向きな場所もあります。

土砂災害の心配

土砂災害等のハザードマップでは、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)や土石流の災害警戒区域が確認できます。 また、地滑りの危険性がある地盤の弱い土地もあり、家を建てる際には土地に関する十分な知識が必要です。

逗子で暮らすには「土地探し」「土地選び」も大切

逗子のように、海や山などの自然があふれるところには、それなりの自然災害の心配もついてきます。しかしこれは逗子に限ったことではありません。大切なのは「知識」であり、ハザードマップや住む地域の防災への取り組みをしっかりと理解しておくことが重要です。

また、家を建てる際に重要となる「土地選び」は、慎重におこなう必要があります。ですが自分で土地を選ぶのには不安が残ります。 工務店には土地に詳しく、土地選びから親身に相談に乗ってくれるところもあります。

逗子という自然あふれる街で安心・安全に暮らすために、家を建てる際には「工務店が土地探しをしてくれるか」というのも、工務店選びの重要なポイントになりますよ。

イメージ

自然豊かな逗子は、土地探しで見るべきポイントがたくさんあります。

山や海の近くの土地探しは、土地の状態や海風の影響などもしっかり考えないといけません。そのため逗子の土地探しにはプロの意見が必須なのです!
数ある工務店の中から「土地探しを自社で対応」してくれる工務店を探しました。

逗子のおすすめ
注文住宅
メーカー
を見てみる